筆文字 アート Art 塩川素子 shiroki

Life with Passion

I began to learn the basics about calligraphy from 5-year-old, and I was drawn into this black and white world since then.
I was beyond the limit of it after a long time, and unconsciously developed toward art.

Calligraphy is a plastic art of characters written by Chinese ink and a brush
The brush movement, shade of the ink, beauty of the entire deployment, and meaning of the characters written are expressed.
There is a kind of calligraphy called avant-garde calligraphy.
In the white space, it's like drawing an abstract painting.
I was attracted by this expression's freedom to deliver messages from myself directly to viewers.

And then, after repeated experiments, I finally found my original ink and the texture that can only be expressed using it.

IMGP2232.jpg

Passion as a woman

Passion to the unknown

Passion of joy during creation

Soul-stirring passion

Passion as Japanese

Passion that can only be understood from my original paintings


Pursuing for a passionate life

IMGP2233.jpg

私は5歳から習い始めた書道で基本を学び、白と黒の世界に引き込まれました。
長い年月からその枠を超えていつしかアートへと発展しました。

書道は墨と筆を使って書く文字の造形美術です。
筆の運び方、墨の濃淡、全体の配置の美しさ、文字の持つ意味を表現します。
書道の中に前衛書という種類があります。
白い空間にまるで黒い抽象画が描かれているのです。
自分から鑑賞者へ発信できる表現の自由さに虜になりました。

そして、実験を繰り返した末に出会ったオリジナルの墨でしか表現出来ないテクスチャーを得ました。

女としての情熱

未知への情熱

創造する喜びの情熱

魂を揺さぶる情熱

日本人としての情熱

原画からしか伝わらない私の情熱


パッションな人生を求めて


私は、そんな情熱の大きさを原動力としている。